PRANAについて

 

PRANAとはサンスクリット語で『呼吸』そして『生命力』
東洋では『気』を意味する言葉です。
それは例えていうなら『心』であるとか『想い』とかと同じく

目には見えないけれど私たちにとってはとても大切なものです。
この言葉から受けるインスピレーションを、写真として表現したいという願いのもとに

サービス名としてつけさせて頂きました。

 

 

STORY PHOTOについて

 

人にはそれぞれに自分だけの人生のドラマがあると考えております。

その一人一人、またはそれぞれの家族の中にある物語性に意識を向け

スポットを当てた撮影方法として、それをSTORYPHOTOと位置付けています。

 

 

 

PHOTOGRAPHER 塩田賢二について

 

物心ついた時から、絵を一日中描いているような少年でした。

大阪の美術大学に在学中からは並行して音楽にも没頭。

上京後プロミュージシャンの先輩からファン向け会報誌の写真撮影を依頼され

それがカメラマンデビューのきっかけとなりました。

 

都内のコマーシャルスタジオ勤務を経てインド、ネパールと撮影の旅に

帰国後はウェディングの撮影に興味を持ちフォーシーズンズホテル、ホテルオークラ等の

専属カメラマンとして活動。

のちに打ち合わせから撮影そして制作までを一人で行うワークフローに移行。
撮影者が人としてきちんと被写体に向き合うことをポリシーとしています。
そして人の内面の美しさを引き出す為の撮影技術をこれからも磨き続けます。

 


最後に、、PRANA STORY PHOTOについて

 

20年以上ウエディングとファミリーポートレイトの撮影に携わってきました。

数多くのカップルや家族を撮影させていただく中で

人にはそれぞれに『その人独自の輝きがある』というシンプルな事実に気がつきました。
被写体をこちらの撮りたい写真の都合に合わせるのではなく

その人から浮かび上がるものを軸として写真を作っていく。

そうやって写しだされる写真たちが、これからの私たちを励まし勇気づける贈り物になって欲しい。

そういった思いからPRANA STORY PHOTOは生まれました。